トップページ観光記録 > 2007-09-18

上野から品川へ、新幹線で移動してみた

2007年吉日
日本神国 国家主席府 主席官房課 視察手配担当



2007年9月18日。

夏休み最後の思い出として、何がいいだろうか。
鉄道大好き人間として、"あほなぜいたく"を挙行することに決定した。
それは、用もないのに東北新幹線と東海道新幹線に乗ってみようという蛮行である。
当初は、友人と一緒に行く気満々であったのだが、さすがに、上野→品川に2000円近く費やする馬鹿さ加減に、単独乗車となりました。
あたりまえっちゃ、あたりまえ、かな。

…………

まずは、上野駅へ。
最近、スイカのピピッより、切符のほうが好きになったので、切符を購入して上野駅に向かった。
その切符も、わざわざ、指定席券売機でデカイ切符を買い求めての乗車である。
そして、毎度のことながら、改札わきの有人改札で、ハンコを押してもらってお持ち帰りにする。
上野駅周辺をぶらついたのち、再度上野駅へ向かい、新幹線の切符を購入する。

購入する切符は3枚。
乗車券:上野→品川。経由:上野・新幹線経由・東京・新幹線経由・品川
新幹線特定特急券:上野→東京
新幹線特定特急券:東京→品川
東北新幹線と東海道新幹線は、1枚にできないので、2枚に分離。
新幹線特定特急券というものは、隣接する2駅間を新幹線で利用する際の切符で、幾分割安になるそうだが、こんな乗り方では、決して安いものではありません。

まずは乗車券のみで、上野駅の改札を通過。
上野の立派な改札やホームを眺めたのち、端のほうの新幹線改札を通過する。
上野駅では、新幹線ホームは地下深くに追いやられています。
この改札では、乗車券と特急券を同時に通す。
こののち、2段階に分けて、地下へと下る。

新幹線ホームに到着する。2面4線のホームである。
せっかくの上野駅、もっと立派なホームがあってもいいと思うのになんとなく地下鉄風のホームで、やはり、新幹線の風格が漂っていない感じがする。
下り線側、すなわち、東北や新潟、長野の方へ行く新幹線に乗車するホームには、立派な電光掲示板があり、新幹線ホームであることを知らしめているが、上り線には、地下鉄程度の電光掲示板がチョコっとあるのみだ。
もっとも、どれに乗っても、東京駅にいけるのだから、必要がないといったら無いのかも知れない。

とりあえず、
E4系新幹線 Maxやまびこに乗車である。
自由席は、一体型シートでリクライニングできない形である。
数分間の優雅でリッチで無駄遣いな新幹線乗車は、流れるように過ぎて行った。
あ〜、840円が〜。

…………

東京駅ホームでは、JR東日本系統の新幹線を、いくつか写真撮影する。
乗ってきたMax。

E4系新幹線

そっちのほうにいた、
E2系新幹線
E2系新幹線


ホームの端から端まで歩いてみた感想なのだが、新幹線ホームは強烈に長い。
こんなところを走れるオタクパワーには、脱帽である。
ほんと、御苦労さまだ。
階段の上り下りも相当こたえるので、ある程度新幹線を堪能したのちに、新幹線改札を出る。
それにしても、デジカメで取り捲った写真、電光掲示板なんかピンボケしてたりぶれてたり、下手糞だな〜。
ゆえに、公開はやめておこう。

東北新幹線の次は、東海道新幹線である。



Copyright (c) 日本神国・国家主席府 All Rights Reserved.